toggle
blog
2015-11-16 | blog

無題

Imagine
いったいいつまでこの唄に縋っていくのだろう…

暴力は絶対に許せません。
これはなにがあっても許されるものでは、ありません。

ですが、物事には知るべき様々な角度があります。
それは理解しないといけません。

人生を謳歌するその大切な時間に、思いもせずに命を奪われた方々に。
日々の生活においてすら命をおびやかされ、怯えながら命を奪われる方々に。
心からご冥福をお祈ります。

そして何より、暴力という最悪なチカラを駆使して、
世界を平和にできるなどと考えている、傲慢な人たちを
心から軽蔑します。
どうか負の連鎖が続きませんように。

正直に言うと、世界のどこかで空爆があっても、私の生活には何の支障もでません。
痛みを覚えても、実際に痛いわけではありません。
自分の世界とは遠くで起きている出来事。
でも、実際は自分の意志とは別なところでかかわっている事実もある。
日本という平和な国で、生活のためと思い支払った税金は、
どこかの国の暴力を支援しています。
もちろん、これは自分の意思とは別にあるもので、
一切意図したものではありませんが、
大きな批判はできません。
大きく同情もできません。
こういう事が起きるたびに、
私の生活に変化が起きないと言う事だけが、
むなしくも、有り難さと共にクローズアップされるだけです。

ありきたりな意見ですが…
人間いつどこでどうなるかなど、誰もしるよしもなく、
ましてそれが他人によってぶち壊されるなど、思いもよりませんが、
だからこそ日々こうして生きていける事に感謝をし、
世界に想いを馳せながら、きちんと自分の責任と立ち位置を確かめ、
謙虚に穏やかに生きたいと思います。

現実に起きている事柄を知識として学び、
悲しみと痛みを想像し、理解し、
その上で、実際に手の届く狭い自分自身の世界を、愛し大切に過したいのです。
そして本当は誰もがそう願っているのだと思いたいのです。

img1305301356370011

今日も遠い国では、空爆が続いています。
亡くなった家族を想い溢れる涙が、流れ続けています。
私は、TVのNewsを見ながら、吞気にblogなど書き、
映し出されないその空爆の風景や涙を、ぼんやり想像しています。

其々の価値観で、平和への希望の方向性や現れ方は違う。
でも、その偏った希望が、暴力とは違う形となって現れ、
いつか交わればいいのにと、深く深く願います。


iu.

2015-11-09 | blog

後ろメタファー

「うしろメタファー。人気だよ。」

コレは宮藤官九郎のドラマ「ごめんね青春」の中の母、
観音菩薩さまのお言葉ですが。。*知らない方はググってください。
「後ろメタファー」はみうらじゅんさんが作った言葉です。
みうらじゅんさんとクドカンさんが大好きです♪

さて。
昨日放送されました、FM YOKOHAMA「SHONAN by the Sea」。
聴いて下さった方、ありがとうございます。
私もon timeで聴いてましたが、ゆるかったね〜。
自分で聴いてもゆるいもんね〜。
言いたい事なんもまとまってなくって、ゆるすぎたわ。
でも雨の日曜の朝に、あのメロウさはアリだったかな!?
聴いてくださった方いたら、いつか感想聞かせて下さいね。

さてさて。ラジオでもちょっとお話しさせて頂いたNewアルバムのお話。
今回アルバムを作るに当たってまずテーマにしたのが、
「妄想恋愛  〜許して 時には 現実逃避〜」です。
36歳以上が、メインターゲットですw。
やはり「恋の唄」集です。

歳をとって、恋愛の形も変わってきて、
例外はあれど、すでに中年。
情熱的なものよりも、必要なのは穏やかな時間に変わってくる。
そのくせ、人は無い物ねだりの煩悩の生き物。
不幸せではないけれど、そこになにか物足りないと感じる事もあったりする。
その足りない物がなにかと言えば、
「情熱」、「トキメキ」、「恋心」もしくは「勢い」??
はっ!これが中年の危機か?!

そんな時、ふと恋に恋していた頃が懐かしくなったりして、
想い出に浸ったり、カッコいい男の子や綺麗な女性を見て
妄想して救われたりする事ってないですか?
(すでにこれ、オバさんの発想かしらw)

昔の恋への追憶や、韓流ドラマにハマったりなど、形は違えど、
以外と多いのではないかと思うんです、
ふわっとした空想や妄想みたいなものを密かに持つ人というのは。
ちょっと現実逃避したいので、どっか足りてないとこを、
誰かに、何かに埋めて欲しいみたいな。
(私がそう思うだけで、全員一致で共感して欲しい訳ではないのであしからず。)

パートナーがいる上で、実際にその熱情を心の外に求めると
「浮気」だの「不倫」だのとか呼ばれて、急に生々しくになる上に
人によっては嫌悪感が凄くある人もいると思うけど、
それも一つの現実逃避の方法だと思います。
(それの善悪については多くを語りませんが…)

子供の頃にTVから流れてきていた歌謡曲って、
子供ながらになんだかイヤらしいとか、大人の感じだ〜とか。
どことなく淫靡さを感じる唄が結構あって、
何にもわからないくせに、おませさんだった私には、
そういう唄がとても魅力的に思えて、8トラのカラオケで(古いなw)
相当渋い選曲を歌い狂っていたw。
きっと知らない大人の世界に、身を置けるようで興奮してたのかなww

例えば、レペゼン金妻(これも古!)の、竹内まりあとか、
テレサテン的が唄っていたようないわゆる「不倫の唄」だったりね。
当時流行った、どことなく不実さを感じる艶っぽい曲の歌詞を今改めて読むと、
かなり攻めてる世界観が広がっていて、心をくすぐられるというか、
抉られるというか、感情丸出しで妙にセクシーで、やはり魅力がある。
そこには、なんだろう時代の寛容さみたいなものもあるのかな?
そのちょっと前の時代の曲とかは、さらにドープで、今だとストーカー規制法で
捕まる可能性アリくらいのクセの強い唄もあるけどw。(これもまた時代)

今回のアルバムを作ったのは、
最近あまりそういう秘めたる大人の欲望を唄った歌がないなぁと思ったのがきっかけ。
私もすっかりアラフォーだし、そろそろ渋い唄を唄いたいなというのもあって、
書いた歌詞が、「幻想と純愛」であり、
歌ってみたい唄が今回のカバー曲のセレクトになった訳です。

いつの時代も「昼顔」みたいなお話って流行るし、
リアルに秘密のアフェアー愉しんでいる方もいる。
新しくは、SNSの不倫サイトまでもできちゃたりして。
漫画やオンラインゲームとかバーチャルな世界にハマる人もいれば、
メロドラマやアイドルにハマるマダム達、
キャバクラや、やっぱりアイドルにハマるおじさん達も多くもいる。
きっと、一定数はそういう逃避願望みたいなのを持っている人はいると思うのよね。
実際絡むか絡まないかは大きな違いだ!
と言われれば、その通りだけど、それはそれ。
結局、人はそれぞれ好きな形で、煩悩やら欲望発散の為に現実逃避しているのだろうから
根っこは同じようなもんで、心の解放の仕方など何でもいいんでないかと私は思うんです。

形はともあれ、本線から時々は少しはみ出しても、
心の(時にはカラダの?)バランスとれるならその方がいい。
現実逃避がその助けになるのなら、それも必要だと思う。
欲望なんていうのも、必要なダークサイドなんじゃないかと考えてるので、
あって当たり前だと思うし、だからこそそれを隠したいって事もわかる。
その上で、心の中に芽生えた「あらこれイケナイコトカイ?」って
気持ちがうっかりトキメキに変わってしまう事もあるのが、よーく分かるんです。
なんせ常に妄想で暴走してますから。

音楽って、違う世界に行ける鍵の一つだと思っていて。
歌詞の世界、音のイメージに身を置いて、その曲を聴いてる間は脳内トリップできる。
実際の方法は人それぞれだけど、現実逃避のひとつの方法として、
ワタシの唄を聞いたり唄ったりして、ちょっと違う時間に浸れたと、
思ってくれる方がいればそれは何より嬉しい。

そんなこんなで、どこかに秘めておきたい気持ちみたいなものを発散できる唄を
唄いたいなと思う様なり、今回の制作に繋がったという次第です。

長くなりましたが、
芸の為とはいいつつも、頭の中煩悩だらけの私が吐き出した
うしろメタファー = うしろめたい心のメタファー。
それが今回のAlbum「幻想と純愛」でございます。
うしろめたさが、私を唄わせるのございます。

どうぞ聴いてください。
そしてお好きな想いを馳せて下さい。
脳内妄想トリップ、愉しんで下さい。

時には、秘密の情事だっていいじゃない!?
※ただし一切責任はとりません。いい大人なんだから責任の範囲内でお願いします。

長文最後までおつきあい下さって、ありがとうございます♪
是非、CD聴いてくださいね♡

試聴はコチラ

イメージ

幻想であると分かっているから、純愛のように楽しみたいのさ。

iu.

2015-11-02 | blog

秋が終わる

雨が降って寒さが深くなる。
もうすぐ大好きな秋が終わってしまいそうな気配。

秋がまだそばにあるうちに、伊豆白浜へショートトリップ。
2年ぶりに訪れたVilla SHIRAHAMAは、変わらずに温かく穏やかで
いつも私たちを「平和」な気持ちにさせてくれる。

大好きなご家族に会いに、大好きな友人たちと一緒に。
夜にBBQやりながら、星空シアターやってみたり、
驚くほどの偶然の出会いがあったりと、
幸せすぎて、また飲み過ぎてしまって、ブラックアウト。
これって本当に本当にほんとーに、もったいない。
楽しすぎるから飲み過ぎる。
そして記憶に残らない。
こんな残念な事、いい加減やめたいんだけど
阿呆なんで学びがない。どうしょもないわ〜。
起きてからの記憶回収作業でかろうじて状況把握はできるけど、
僕の記憶を知りませんか?
みんなに聞いて回る事も、もう辞めなきゃ。

それでもとにかく愉しい旅。
この時期に行けてよかった♪
一緒に時間を過ごしてくれたみなさま、ありがとうございました!!
IMG_6705

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきたら街も冬支度。
もうこの季節。
今年もあと少し……

IMG_6704

Many thanks!!
Villa SHIRAHAMA
http://www.villa-shirahama.com

iu.

2015-10-30 | blog

われ ただ たるを知る のか?

「何かが足りてない感じがする。」
と言われる。
「それが不満なのじゃないか」と。

うん。そのとおりだと思う。
そして、その実、足りない感じが好きだったりする。
あ、でも不満じゃない。
その不満も込みで好きなんで。

満ち足りてるなんてちょっと怖い。
不完全でどこか足りないくらいが丁度いい。
それが、私にとっての幸せな気がする。
角度を変えれば、ただの欲張りな気もするけど。

自分の足りないピースを探して何かを埋めるより、
いびつであっても、誰かと重なる部分があればいい。
友達でも恋人でも夫婦でも、
お互いの謎をずっと発見しあえるだなんて、ステキだ♫
そういう足りなさなら、大歓迎。

まあそれはさておき….
万年欲求不満の私が作ったアルバムのリリースもいよいよ来月になりました。
昨日はリリース前のPRライブ。
アルバムを作るのに関わってくれた人や、お世話になっている方を招いて、
Hot Buttered Clubでやらせて頂きました。

「幻想と純愛」
私の妄想恋愛のうしろメタファーです。
その辺の事を、11月入ったら書きたいと思ってます。

IMG_6594

2015/10/29@Hot Buttered Club
Piano:吉野ユウヤ
Guitar:阿尾さん
Guitar:髭SOUL

iu.

2015-10-23 | blog

サヨナラ36

36歳の最後の日。
どうやら風邪をひいたもよう…

メンテナンスの日。

まずは、神谷町。
このところの懸案事項だった「歯問題」を、
美人歯科医に解決してもらう。
さすが天才。
すっかり綺麗に直して下さって大感謝。
これで気にならなくなったと、心も解放。
とても晴れやかな気分。

次は広尾。
あたらしく出来たラップサラダのお店でランチ。
激ウマ♪

からの泉岳寺。
ワタシの救世主アロマセラピストの元へ。
以前、心もカラダもボロボロだった時に、
彼女のサロンで生まれ変わる事ができた。
どうしても誕生日前に行きたくて、再訪。
風邪かもしれないと伝えると、
「実はお誕生日前って体調を崩したり、色々とトラブルがあったりするのよ〜」
と、興味深いお話。
誕生日前は善くも悪くもテンションが高くなりがちで、
色々と不調が起きたりする事があるんだって。
「リバース前の調整の意味もあったりするのかもね〜」と教えてくれた。

なるほど!!
どうりでこのところ、とっても嬉しかったり愉しかったりする事が沢山あった反面、
そんな事あんのかよ?って信じられないくらいショックな事もあったりと
確かに心が忙しかった。
わさわさして、落ち着かなくて、心の向かう先が見つからない日々が続いてのだけど、
つい昨日、本当なんにも関係のないふとしたきっかけで、
全部流れていったような気がした。
きっと何か大きな意味のある、必要な出来事だったんだろうと。
もしくはまったく意味のない、取るに足りない事なんだろうと。
どちらにしても、どっちでも良くなったから、
きっとそれで心の解決になったんだろうな。
それでホッとしたから熱がでたのかしらん?笑。

そんなお話をしながら、今日も彼女の素晴らしすぎる施術のおかげで、
心もカラダもまさに生まれ変わったようにスッキリ✨
さすがマイエンジェル。
これからも頼りにしています♫

そして最後は恵比寿。
こちらも美容系のお手入れ。
爆睡。
寝て起きたら終わってた笑。

全力メンテ終了。
風邪の具合も良くなった。
心の具合も完治した。
調整完了!!

今日で36歳もおわり。
成長はしていないけれど、カラダ作る為にダイエットにも成功したし、
新しい出会いも沢山あって、また喜びも増えた。
お酒に酔ってばかりの日々だけど、
なかなかにいい穏やかな日々でした。
本当にたくさんのステキなお友達に囲まれて
幸せ者のワタシ。
いつも本当にありがとう♡

心と身体のバランスを大切に
人生は続く。

IMG_6414

Special Thanks
天才 神谷町デンタルクリニックのミユさん。
My Angel アトリエアイシスのユキさん。
二人とも大好きだー♡♡

iu

2015-10-21 | blog

もしもがないのが人生だ

「別れたくない…」
とか言えてたら、なんか変わったのかな…

 

蠍座女の気質か、はたまた可愛げのない性格のせいか?
“来る者は時々拒むけど、去る者は追わず”という性分なので、
多分、言った事ないんだよね、引き止める台詞。
「行かないで」とか「離れたくない」とかさ。。

「一緒にいたい(今夜は..♡)」はあるかな(アホ)

別れ話って苦手。(得意な人なんていないか?)
相手が離れたいというのなら、
それなりの理由も原因もあるのだろうし、
大抵の場合、その原因はすでに察していたりする訳で。
だとしたら、そこにもう引き止める余地は無い気がして、
もう切り出された時点では、「そうですか。」としか言えない。
去って行く姿を見送るのみ…
そして一人、オイオイと泣く。

逆にこちらから「サヨナラ」とも言えない。
ちょっと旅に出てくるわ!って感じで消え去りたいので、
なんとか「またね〜」と言う感じで済ませたい。
実際はそう簡単には済まないけど。

「本当の恋を知らないんだ。」
と言われるかもしれない。
もういい歳ですし、一応、恋のうた唄ってますし、
「んなこたぁない!」と言い切れますが、
今は妄想恋愛に夢中ですので、
現在進行形ではないって事も言い切れちゃう自分。
ちょっとむなしい!?
まあそれは置いといて。

昨日の夜、無心で料理に耽っている時に
ふと懐かしい人を想って、
文頭のような事が過ったので、
ちょっと書いてみた。

IMG_5530

「置いてかニャいで」

iu.

1 2 3 4 5