toggle
2015-10-05

やっぱり秋が好き

男心と秋の空…

女心と秋の空だと思っていたら、
元は、「男心」だったそうで。
男性の場合は、女性に対する心のかわりやすいさま。例えば浮気心とかの事で、
女性の場合は、変わりやすい感情のさま。感情の起伏が激しい様子だそう。
少し意味合いは違うのが面白いところだけど、今はどちらも
「心のかわりやすいことのたとえ」なんだとか。
なんとなくうまい所に落ち着かせた表現。
これも時代の流れなのかしら。。

 

私は秋生まれなので、このシーズンが一番しっくりくるというか、大好き。
そういうのってなんだか不思議なんだけど、
やはり人間としてのスタートを切ったのがこの季節の為か、
なんだかまた新しい何かがここにあるようで、新鮮な気持ちになる。

豊穣の秋。
新酒も美味しいし、和食は特に季節感を感じる美しいものを頂ける。
お皿の上に、小さな紅葉とか彩りに添えられてると、
なんだかそれだけでウキウキしてしまう。
焼いた秋刀魚をつまみに、ひやおろしで乾杯♪
日本に生まれてよかったと思う一瞬。
しあわせ。

そして冬に向けて少しづつ寒っていく秋。
人恋しくて、ちょっと距離感近くなるっていうか、したくなる。
そんな切ない季節。
それも大好物。

なるほど、「うつろいやすい」性格も、「うつろいやすい」音程も
秋に生まれたせいかしらw。

IMG_6161

切ないぜ秋…とか思いながらやる日本酒は格別です♪

iu.


関連記事